面接対策と言うと、一般的には聞かれたことに対して「どれだけ優れた内容の回答ができるか」という点に力点が置かれがちです。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接におけるメラビアンの法則

面接対策と言うと、一般的には聞かれたことに対して「どれだけ優れた内容の回答ができるか」という点に力点が置かれがちです。しかし、アメリカの心理学者であるメラビアンの研究では、人が受ける印象は、話の内容が7パーセント、声が38パーセント、見た目が55パーセントという割合になっていることが判明しました。これをメラビアンの法則と言います。

つまり面接において力を注ぐべきは、声や見た目ということになります。清潔な服装、正しい姿勢、礼儀作法、はっきりと分かりく丁寧な話し方、そういった対策にこそ力を注ぐことが大切です。とは言え、話の内容が7パーセントであれど、質問に対して全く頓珍漢な答えをしてしまって、印象を下げてしまう事態は避けなければなりません。

しかし、面接で聞かれる質問や受け答えと言えば、自己PR、志望動機等、大体テンプレートとして決まっている場合が殆どです。もちろん、そこから掘り下げて質問される場合がありますが、こうしたことはキチンと整理しておけば、それほど答えに窮することはありません。あらかじめノートに予想される質問と自分の回答を書き出しておいて、整理しておくようにすれば十分対応できるようになるはずです。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.