仕事探しをしてからするのが応募をして面接になるわけですが、面接では人事担当者との質疑応答をすることでその人のことを判断します。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接での質疑応答と志望動機

仕事探しをしてからするのが応募をして面接になるわけですが、面接では人事担当者との質疑応答をすることでその人のことを判断します。この質疑応答というのは基本的な質問と仕事のよっての質問があり、基本的な質問には学歴や仕事のキャリアについて聞かれるものになります。他にも基本的なものには特技や資格といったことが聞かれますので、特技や資格であれば仕事に関係のあるような英語やパソコンといった答えがいいでしょう。そして仕事によっても質疑応答というのが違いがあり、それはその仕事の内容のことを聞かれることもあるので答えを用意しておきましょう。

また仕事の面接では基本的な質疑応答の中に志望動機というのがあり、最近は就職でも転職でもアピール力が重要なポイントとされていますが志望動機も大切です。志望動機というのはどんな仕事の面接でも聞かれることになりますが、ただその仕事が好きなだけとか熱意だけでは今は採用されることは少ないといえます。そこで志望動機に必要なのが仕事のスキルやキャリアを入れることで、仕事のスキルやキャリアを活かしたいというのが志望動機の理想になります。他にも転職の場合には退職理由も聞かれることが多いです。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.