面接では、採用企業側は書類選考や試験では測ることができない部分を、直接当人と会うことで見極めようとするわけです。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接で押さえておきたいメラビアン法則

面接では、採用企業側は書類選考や試験では測ることができない部分を、直接当人と会うことで見極めようとするわけです。つまり履歴書に書かれていることや、試験の成績意外の、応募者の人間性に関わる部分がチェックされるということになるわけです。こうした面接対策のための基礎知識として、必ず押さえておきたいのがメラビアン法則です。

これは米国の心理学者であるアルバート・メラビアンという人が、人の印象というものを数値化したことによって誕生した不足です。この法則から導き出された答えは、人の受ける印象というのは、話の内容からは7%、その人の声の印象から38%、見た目の印象から55%という割合になっているということです。この法則から、面接において重点をおくべきポイントがはっきりと見えてくるというわけです。

一般的には、面接対策と言えば、「どのような回答を行うのか」という点に重点が置かれます。ところが、実際に重要なのは「声の印象」であり「見た目」であるということになります。もちろん、とんでもない回答をしてしまわないように最低限、ロールプレイ等の対策は必要です。しかし、本当に力を入れるべきは、清潔感のある服装、正しい姿勢、相手の目(鼻)を見てしっかりと話すこと、あるいは大きくハッキリとした声で話すこと、このようなことが重要になってくるということを忘れないようにしましょう。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.