どうして面接が行われるのかについて、考えてみることが面接対策を考えるうえで最も基本的なことと言えます。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接における基本的な準備

どうして面接が行われるのかについて、考えてみることが面接対策を考えるうえで最も基本的なことと言えます。事前の書類選考において、応募者の基本的な情報、例えば能力や学歴、職歴、さらに自己PRや志望動機等については検討されているはずです。外見や服装等についても、履歴書に貼付されている写真を見ればある程度はわかるでしょう。

また知識や一般常識等についても、筆記試験等を実施することで把握することが可能です。ということは、それ以外に面接することでしか採用側が得られないものがあるということです。それは端的に言えば、応募者の人間性ということができるでしょう。そうしたものは書類だけでは測ることができないからです。

具体的にはその人の持つ雰囲気や、言葉遣いや立ち振る舞いなどと言った礼儀作法、コミュニケーション能力、瞬発的な判断力等、そういったもの面接で見ることになるわけです。こうしたことは、やはり当人に直接会ってみないと、具体的なことは分かりません。こうしたことから逆算すれば、雰囲気や言葉遣い、あるいは礼儀作法といったところに、面接対策の重要ポイントが、存在していることが理解できると思います。雰囲気は曖昧でわかりにくいかもしれませんが、言葉遣いや礼儀作法は勉強することで十分対策が可能です。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.