就職や転職そしてアルバイトの面接というのは最初の印象が大事なので、着ていく服装というのは気をつけないといけません。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接へ行くときの服装と身だしなみ

就職や転職そしてアルバイトの面接というのは最初の印象が大事なので、着ていく服装というのは気をつけないといけません。就職や転職ではやはりスーツを着るというのが正装になりますので、就職ではリクルートスーツそして転職ではビジネススーツを着ていくことが大事です。またアルバイトの場合にもスーツではなくてもきちんとした服装にし、事務系や固めな業界のアルバイトであればスーツにするほうがいいでしょう。スーツには紺色やグレーといった色がよくシャツは白、靴下や靴といった細かな部分にも気を配るようにしなくてはなりません。

また仕事の面接では着ていく服装のほかに身だしなみというのもセットであり、身だしなみにはそれぞれ男性と女性とで違いがあります。まず男性の場合には髪の毛はもちろんですがひげというのもポイントで、最近はひげがOKな求人というのも増えていますがやはり印象がいいのはひげがないほうがいいでしょう。またスーツにはしわや汚れがあるだけで不潔な印象になりますし、靴下や靴が汚れているというのもきちんと仕事も出来ないことにもつながるので、靴下や靴も前日にはきれいにしておくことです。女性もヘアスタイルをまとめることとメイクを気にしましょう。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.