若いころは難しい仕事などは与えられません。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接の質問で難しかった仕事の経験

若いころは難しい仕事などは与えられません。まずは仕事を覚えてもらう必要があるので、誰でもできる仕事から少しずつ与えられるようになります。それができるようになれば少しずつ難易度が上げられ、そのうち自分一人で仕事ができるようになります。自分一人で仕事をするときは仕事の選択などを自分で行なう必要があります。

面接における質問としては、これまでで難しかった仕事について聞かれることがあります。全て難しかったと答えたいところでしょうが、その中でも一番難しいものを問われます。具体的な例を出して話すと担当者にも伝わりやすくなります。客先などの会社名などにおいては出さないほうがいいこともあるでしょうから注意して話をします。

難しい仕事に関しては、それをするようになったきっかけなども必要です。初めて一人で行った仕事であったり、新しい分野に挑戦しようとしたときの仕事などがあるでしょう。ただ普通の仕事をしていて難しいとならないようにしなければいけません。難しい仕事でも最後には上手くやり遂げることができたことを伝えます。自分一人で最後までやり遂げた場合もあるでしょうし、協力を得たり、時間をかけてできることができたことを伝えます。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.