失敗は成功の母といわれます。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接では仕事での失敗談を問われる

失敗は成功の母といわれます。失敗をせずして成功は生まれません。試験勉強などでも何度も何度も間違うことによって覚えることができ、実際の試験で成功することができます。失敗を多くしている人ほど成功の数も多いとされています。ただし、失敗にもいろいろあります。ここで行なってはいけない失敗、同じ失敗などをしてしまうことがあります。

面接においては少し辛い質問を受けることがあります。それが失敗談を話すように言われることです。自分としてはあまり話したくない話もあるでしょうが、失敗をしたことがありませんといえば仕事をしていないと判断されるでしょう。もちろんとんでもない失敗について話をする必要はありません。あくまでもアピール材料にします。

その失敗をきっかけにして後で成功したようなことがあればそれを話すようにします。失敗から成功につながるいい例のような話があればベストでしょう。またそのときにいろいろな人に助けてもらったことがあればそれを伝えるのも効果的です。失敗をしたとしても組織であればそれを上手くカバーしてくれます。失敗をしてそのまま終ったなどのないようにならないようにします。成功につなげるにしてもあくまでも失敗をメインに話すようにします。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.