書類選考をパスしたら、次はいよいよ面接試験を受けることになります。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

面接を受ける際の大まかな流れ

書類選考をパスしたら、次はいよいよ面接試験を受けることになります。面接当日までに、ロールプレイを繰り返したり、質問事項を書き出して、回答を整理するなど、出来る限りの対策を進めておきましょう。そして、いよいよ面接の当日ということになりますが、その日は何かと忙しくなる可能性があるので、いつもより早めに起床して身支度を済ませておくようにしましょう。

またその日のニュースについてはTVや新聞等をチェックしておきましょう。天気予報の確認も大切です。天候に不安があれば、傘なども持参するようにします。出かける直前には、忘れ物がないかどうかチェックします。前日までに、忘れ物チェックリストを作っておくと良いでしょう。服装や髪型等、身だしなみを十分にチェックした上で出発するようにします。

移動の間の時間を有効活用して、履歴書や企業情報や資料を見直しておくと良いでしょう。面接会場に入る前には、もう一度身だしなみのチェックを行ってから入るようにします。そして面接の5分前には到着しておくようにしましょう。面接を受けた後は、寄り道せず真っ直ぐ帰宅します。帰り道の途中に、社員がいたりすることもあるかもしれません。自宅に戻るまでは気を引き締め続けることが大切です。

Copyright (C)2017景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.