求職者と求人側はどちらの立場でも相手がどのような考えを持って面接に臨んでいるか、不安を抱えています。

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢

求職者と求人側はどちらの立場でも相手がどのような考えを持って面接に臨んでいるか、不安を抱えています。求職者は自分の技量や能力等の実力を評価してくれるだけの好印象を与えることができるかと心配し、事前に想定問答集等で回答の仕方を練習します。また、面接の際、服装や髪形あるいは話し方や言葉遣い等に違和感を持たれないように気を使って事前に準備しています。一方、求人側はあらかじめ提出してもらっている履歴書と職務経歴書等で求職者の人物像を描いて求職者との面接に臨みますが、採用したら就業規則に従って勤務し、周囲の従業員と協力して業務に貢献してくれるタイプであるか、見極めようとして必要な質問をするわけです。

最近、業種によっては売り手市場の雇用環境になっているようで、働く意欲のある人ならだれでも良いと考える求人企業もあるようですが、一般的には採用枠を超える求職者の中から求人側が書類選考に続いて数回の面接を行い、能力面、性格面、あるいは表現力や行動力の面等を比較検討して採用者を決めているはずです。最近は職場における発言や行動が重要視される時代なので、1対1の面接だけでなく集団面接により、あるテーマを求職者同士で議論する形式も取られています。同業者間あるいはグローバル競争の激しい業界では職場内で決められた枠内の業務を処理していられるわけでなく、積極的に部外の人と交渉し、業務を進めていく力を求められている時代ですから、求人側が人材に求める要求も変わってきています。

Copyright (C)2018景気動向や雇用環境で変わる求職者、求人側双方が臨む面接の姿勢.All rights reserved.